頭蓋骨縫合早期癒合症と診断されまして。。

2016年4月に生まれた可愛い息子が突然謎の病名を告げられました。。同じように診断されたママ・パパのために…。

いよいよ入院。

手術後の状態までは早く更新していきましょう…。
どういう状態か早く知りたい方もいると思いますので。

お急ぎの方はにほんブログ村 病気ブログ 頭蓋縫合早期癒合症への中のone peaceさんを御覧ください。
僕もこの方のBLOGを参考にして予習しました…。

さて、手術日が3月の半ばに決まってずっとモヤモヤ。
やはり、比較的リスクの少ない手術とは言え開頭手術。
全身麻酔や輸血もするし時間も結構掛かるししかも赤ちゃん。
もし万が一があったらどうしよう。
もし何か手術に寄る障碍が残ったらどうしよう。
やったことを後悔しないだろうか…。

妻ともしばらく緊張した糸が張り詰めお互いイライラして
不穏な空気も流れつつトマト君(仮名)はそんなことなんの
そのでいつも変わらずに元気!

そんなこんなで3月、入院の日。
レンタカーを借り子供と大人のお泊りセットを持って大荷物…。
手術日は水曜日だったのですがありがたいことに当日と前後1日
3日間の有給をいただき…。

病院の近所に住む友人や知人の医師も会いに来てくれたりと心を
落ち着かせる事が出来たのがが救いですがやはり、いよいよだな
っていう時間がやってきました…。

手続きして、入院病棟に行って病棟のオリエンテーションを受け。
シャワーを浴びこの頭でのシャンプーは今日が最後よーの図。

f:id:blooming_climbing:20170629144300j:plain
やっぱり頭の形が…でもこれはこれで可愛いんだな…。

夜には手術担当の脳外科、形成の先生とミーティング。
手術の内容について再確認で内容は下の図の感じ。

f:id:blooming_climbing:20170630110603p:plain

ちょっとEXCELでは表現できなかったんですが、
上から見た際、こめかみあたりが一番幅が広いところを
後頭部が幅広くなるように調整し、また前頭部が盛り
上がった部分はきれいに整えとのことでした。

ちなみに盛り上がったとこを"frontal bossing"というようです。

翌朝5時が最後のミルクだったのでそれに備えて、妻は
簡易ベッドでトマト君の添い寝をしてくれました。

手術日に続く