頭蓋骨縫合早期癒合症と診断されまして。。

2016年4月に生まれた可愛い息子が突然謎の病名を告げられました。。同じように診断されたママ・パパのために…。

頭の形がおかしい?

うちの子は1ヶ月ほど早産で生まれました。

生まれて数分後には救急車に乗るVIP対応。
ちょうど桜が咲いてる季節で救急車が通る道に桜の花びらの絨毯と
桜吹雪が風に舞い、とても幻想的な景色だったことを思い出します。

しばらく保育器の中にいて出てきて初抱っこ。
本当に愛おしくて仕方ありませんでした(いまも)


それは置いといて1ヶ月ほど病院に入院していたのですが、そのときに
頭の形がおかしく感じられました。
頭頂部から後頭部(小泉門あたり)にかけて(矢状縫合)盛り上がり
頭頂部から前頭部にかけて(冠状縫合)盛り上がりがありました。
  →今でこそ知っている、矢状縫合・冠状縫合という言葉…。
触ってもなんだろう、これ?って思う盛り上がりでした。
担当の女医(堀北真希にそっくりの美人さん)は、成長していくに
従って収まっていくと思いますよ~っと言っていましたがこの矢状
縫合部の盛り上がりはいわゆるリッジで、典型的な頭蓋骨縫合早期
癒合症の症状だったんですね~
f:id:blooming_climbing:20170625024907j:plain
(生まれて十数日。あ~~~~かわいい😍😍😍)

ここが知らない小児科医もいるって書いた所以です。
結構大きい病院で手術例もいくつかある大学病院なのですけどね…。

しばらくして予防接種を受けに行った病院で妻が相談したところ
頭蓋骨縫合早期癒合症の可能性があるから病院で見てもらってと
言われ、堀北先生に相談したところ、では経過を観察しましょう
頭のサイズは標準ですね~っと診察されました。

月齢が進むに連れ、矢状縫合部の盛り上がりはなくなり冠状縫合部の
盛り上がりは徐々に増してきました(下は5月と7月の写真)

f:id:blooming_climbing:20170625031436j:plain f:id:blooming_climbing:20170625031424j:plain
(それにしても可愛いなぁ…。😍 出身地バレてしまうであろう目隠し・笑)


正面から見ると耳の辺が一番横幅が大きく頭頂部は狭いというかなんというか…。

f:id:blooming_climbing:20170625032943j:plain f:id:blooming_climbing:20170625033511p:plain

かつお人間と似てる気がする…。(笑) 

f:id:blooming_climbing:20170625033838j:plain
1月くらいの写真。
上の数枚と合わせて立体的に考えるとちょっと異常な形してるのが
感じ取っていただけるのではないでしょうか…。

次回、病院編…。